「うまいもん屋」というメニューが無いお店

経営

「うまいもん屋」というメニューが無いお店

これはある取引先の社長との秘密の場所でして、
メニューが一つも無いので、おまかせとなります。
旬な美味しい料理を大将が出してくれる。
これがまずいものが一つもなく、すべて美味しい。
好き嫌いのある方はやめたほうが良いです。
何が出てくるか全く予測出来ないからです。

昨日、その社長と時間を忘れて食べて、飲んで
未来の話でとても楽しい会席でした。

築地の「うまいもん屋」
客単価は7000円くらい。
(酒もそれなりに飲んで)

予約して行かないと、残り物しか出てこないので
行くなら絶対予約して行ってください。

経営に学ぶ点は
何が出てくるかわからないという「ドキドキ感」
毎回美味しい旬な食材が食べれる「満足感」
どれほど食って飲んでも7000円(一人)で
収まる「安心感」。何よりも、強面の大将と
女将さんの、一生懸命に働く姿に「自分も頑張らにゃ!」
と思う。

商売も同じで、相手に感動を与え、
期待値を超える商品やサービスを提供して、初めて
お客様は満足するのだと肝に銘じたい。

では良いお年!

2017-12-28
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/